よくある質問

Q. 採用後の職場でのトラブルや労働状況などについて相談できる場所はありますか?

A.職場のトラブルや労働状況の問題につきましては、各都道府県ごとに、総合労働相談コーナーという施設がございます。
詳しくは、厚生労働省の「総合労働相談」の説明をご確認ください。

Q. 「募集を締め切りました」と企業から言われてしまいました。

A.求人募集中の求人のみ掲載していますが、タイミングによっては応募定員数に達してしまった求人が掲載されていることがあります。募集締め切りの求人に応募された方は、お手数ですがお問い合わせフォームより弊社にお知らせいただけると幸いです。

Q. 選考状況について教えてもらうことはできますか?
A.弊社からお伝えすることはできませんので、応募先の企業に直接お問い合わせください。

Q. 応募したけど企業から連絡がきません。
A.通常2日~5日以内ににご対応頂くよう事務局から企業様にご案内しておりますが、企業様の状況、案件によってはそれ以上の時間がかかる場合もございます。
お急ぎの場合は、、応募者様の方から直接応募先企業様に連絡を取って頂いても問題ありません。
また、応募時に、応募フォームに入力した電話番号、メールアドレスに間違いがある場合もあります。今一度ご確認の程お願い致します。

Q. アルバイトの面接もスーツを着た方がいいですか?
A.職種によってどちらがいいか判断しましょう。アルバイトの面接では正社員と違い、必ずしもスーツを着用する必要はありません。
しかし、職種によってはスーツを着ていくことで面接担当者に好印象を与える効果が期待できます。面接では服装による第一印象が採用を左右しかねません。
大切なのは清潔感のある服装を心がけること。真面目で誠実であることをアピールするには、襟付きのシャツやジャケットが特におすすめです。

Q. 履歴書を書くときに学歴や職歴で嘘をついちゃいけないの?
A.経歴詐称となりますので絶対におやめください。
アルバイトの面接では、学校のことや過去に行ったアルバイトの経験などを聞かれる場合もあります。中には学校を中退したり、休学をしたことがある人や、短期間でアルバイトを辞めた経験がある人もいるのではないでしょうか。
これらの事情は隠したい部分ですが、アルバイトであっても嘘の記載は絶対にNGです。やっと見つけたアルバイト先ですが、嘘をついたことが何らかのきっかけでわかってしまうと経歴詐称になり採用が取り消しになってしまう可能性もあるからです。過去の職歴などは面接で聞かれた時に理由を説明すれば大丈夫です。

Q. 履歴書にアルバイト歴は記載するべきですか?
A. 職歴がない場合、アルバイト歴を履歴書に記載する方も多くいます。とはいえ短期バイトをいくつも書くのはお勧めできません。一般的には、履歴書に記載するのは「3ヶ月以上のアルバイト歴」が望ましいとされています。

Q.求人情報に記載されている内容と実際の募集内容が異なっていました。
A.誠に申し訳ございません。そのような場合は、求人先の情報と異なっていた情報を記載の上、お手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームから事務局にご連絡をお願いいたします。求人先の企業に対してお問い合わせ内容を確認いたします。

Q.応募をキャンセルできますか?
A.キャンセルや採用後の辞退などにつきましては、直接、求人応募先にご連絡をお願いいたします。弊社では、応募者の方に代わって(代理で)企業に連絡することは行っておりませんのでご了承ください。

Q.応募した内容が間違っていたので訂正したいです。
A.ご応募が完了しているものに関しては、弊社では訂正を承ることが出来かねます。直接企業様へお問い合わせをお願いいたします。

Q. 複数の求人に応募することはできますか?
A.複数の求人に応募することは可能です。
ただし、一度に多くの求人に応募しても、その後、企業担当者とのやりとりや面接スケジュールの調整が難しくなってしまうことが多いので、自分で把握、調整が可能な範囲で応募をお願いいたします。当社が異常と判断した応募に関しては取次をお断りする場合がございます。

Q. 応募の方法を教えてください。
A.各案件ページの下にある応募フォームにご入力の上、送信して下さい。

Q. 仕事探しにサイトを利用する場合、費用がかかりますか?
A.無料です。料金は一切かかりませんので安心してご利用ください。

Q.会員登録は必要ですか?
A.会員登録の必要はございません。そのまま、各求人へ応募することが可能です。

お気に入り一覧